こんにちは太田空です。

今日は、相模湖花火大会屋台有料席についてまとめてみます。

 

2相模湖花火大会2018有料席屋台出店

 

毎年8月1日開催される相模湖花火大会(さがみこ湖上祭花火大会)は、横浜や厚木の花火大会と比べると若干マイナーなイメージがあります。

 

でもそれは、開催場所がちょっと田舎(相模湖) なので目立たない感じがするだけ。

相模湖花火大会花火は5000発もあげるし、露店の数も多い

 

それなのに、来場者の数はちょっと少なめ・・・

これって花火を見る側からしたら、とっても素敵なことだと思いませんか?

 

穴場っぽい感じがして、ワクワクします。

さらに、開催場所が最寄り駅(相模湖駅)から徒歩10分で行けるので、アクセスも悪くない!

 

そこで今回は、穴場チックなムード漂う相模湖花火大会について送りします。

 

相模湖花火大会の有料席や申し込みなど

相模湖花火大会の有料席は、相模湖観光協会のホームページや電話予約で申し込むことができます

 

申し込み期間は6月15日あたりから始まって、7月の半ば頃には終了する様子。

この頃には予約受付が満タンになってしまうんですね。

 

もし、申し込みに遅れたら相模湖駅前にある観光案内所に直接行ってみましょう。

こちらも、受付数量がいっぱいになってしまったら売り切れになってしまうんですが…数に余裕がある時は、当日の8月1日まで販売をしているようです。

 

相模湖花火大会2018有料席や屋台、出店

 

有料席の料金

有料席の申し込み料金は次のようになっています

 

  • 湖岸特別椅子席  2000円(一人)
  • 湖岸特別シート席 6000円(1区画四人まで)
  • シート席 4000円(1区画四人まで)

 

ちなみにアリーナ席と言う特別席もあるのですが、こちらは電話のみ電話(042-684-2128)の受付だそうです。

 

相模湖花火大会2018!有料席と屋台の口コミ情報!出店の場所は?

 

相模湖花火大会の屋台出店情報

相模湖花火大会には、もちろん屋台が出ます。

出店数は、例年50店ほど。

 

これだけあれば、普通のお祭りで期待するような B 級グルメは、たいがい揃っています。

だから、食べ物の心配はしないで、会場に向かうことができますよ。

 

お店の数そのものは、相模原や厚木の花火大会と比べて若干少なめではありますが、あっちはモンスター級の花火大会ですからね…比べる方がちょっと可哀想かな ?

 

相模湖花火大会の有料席や出店・まとめ

いかがでしたか?

今回は、相模湖花火大会の有料席が屋台について送りしました。

 

超メジャー級の花火大会と比べると、若干影のうすい相模湖湖上祭花火大会。

でも、花火の数や露店の質は十二分に楽しめるレベルで、見に行かないともったいないくらいです。

 

また、有料席もしっかりと確保されていて、事前に予約するにはインターネットや電話での申し込みができる。

ご家族やカップルで花火を観覧する時は、有料席の方がゆっくり見れていいですよね!

 

それでは以上で、相模湖花火大会の有料席や屋台ついてのまとめを終わります。

最後まで読んでいただき。ありがとうございました。


<スポンサーリンク>