こんにちは太田空です。

今日は、昭島くじら祭りの花火大会(東京都昭島市)についてまとめてみます。

 

昭島花火大会の穴場や出店情報!駐車場や交通

 

毎年8月の第1週目の土日に開催される「昭島くじら祭り
(2018年は8月4,5日)

そして、土曜日夜の8時になると始まるのが、くじら祭りの花火大会。

くじら祭りは、あまり大きな祭りではありませんが…花火は2000発上げるのでぼちぼち見応えがあると言っていいでしょう。

また、くじら祭りの花火大会は、会場が大きすぎないので…近い距離で迫力ある花火を楽しむことができます。

なかなかの穴場だと思いませんか?

 

今日はそんな、昭島くじら祭りの花火大会についてお送りします。

昭島花火大会の穴場?

夏の花火大会といえば、どこでも混雑して観覧が大変大変…なんて状況が当たり前ですよね?

でも、昭島花火大会はくじら祭りそのものが穴場的なお祭りなので、 混雑だとか観覧スポットなど特に気にする必要はありません。

もちろん昭島市で一番のお祭りですから、がらんがらんのスッカスカ…なんてことはないんですが、適当に混んでいてちょうどいい感じ

 

ただ、気をつけていただきたい事が一つだけあります。
それは、花火の打ち上げ時間が30しかないということ。

例年では、夜の8時から8時30分までの時間に花火を打ち上げます。

 

大きな花火大会だと、1時間とか一時間半打ち上げぐらい続けますが、昭島花火大会は30分だけ。

 

気楽に見れるの花火大会だからといって、ちょっと遅刻してしまうと花火を見ずじまいになっるかも?。

まあこれは、昭島花火大会に限らず中~小規模の花火大会では、だいたいこんなもんなんかな?

 

観覧スポットは、昭島公園がベスト

昭島花火大会の観覧スポットは、なんといっても昭島公園がベスト。

昭島公園は花火の打ち上げ場所からとても近いので、大迫力の光と音を楽しむことができます。

 

でも近すぎて、花火のカスが上から降ってくることもありますけどね…(*´з`)

 

昭島花火大会穴場出店、交通規制、駐車場情報

昭島花火大会の出店は…いっぱいあるよ~!

昭島花火大会は「昭島くじら祭り」の中の一イベント。

だから、屋台などの出店の数は多くとても賑やか。

 

ばかでかい花火大会に比べれば負けますが、このクラスの花火大会の中ではわりと賑やかな方で、お祭り気分は十分堪能できます。

 

花火が目当てであっても、やっぱり出店があると余計にうれしいですよね。

その意味でも昭島花火大会は、いかにも夏祭りらしい花火大会を楽しむことができます。
花火とともに、屋台の B 級グルメを存分に味わえますよ~!

 

昭島花火大会穴場出店、交通規制、駐車場情報

 

駐車場と交通規制について

とりあえず、昭島花火大会の公設の駐車場はありません

だから、車で来る場合は「最寄り駅の隣」の駅近くのパーキングに停めた方が良さそうですね。(JR中神駅かJR西立川駅など)

お祭りの主催者側も、電車やバスなどの公共交通機関の利用を薦めています。

実際に会場へ行ってみると確かにその通りで、マイナーなお祭りなんですが…周辺地域はそれなりに混雑しています。

 

そして交通規制について。

交通規制の時間は19時30分から 20時30分過ぎまで行われます。

つまりこれは、車での来場は不可能だということですね。

 

「じゃあ19時30分より早く着けばいいじゃん」と思われる方もいるかもしれませんが、花火は上がらなくてもお祭りの真っ最中なので、周辺道路は大変混んでいます。

無理に渋滞に突入すると「あーやっぱりやめとけよかった」となりますから、最初からバスや電車で来るのが利口ですよね。

 

昭島花火大会の穴場と出店情報・まとめ

いかがでしたか?

今日は、昭島花火大会の花早出店情報についてお送りしました。

 

夏の花火大会の中では、若干マイナーな存在な昭島花火大会

でも、打ち上げる花火の数や、間近で花火を見られるロケーションは魅力的です。

また、出店の多さも、昭島花火大会の楽しさの一つ。

地域密着型の花火大会も、なかなか見逃せませんね。

 

それでは以上で、昭島花火大会の穴場と出店情報のまとめを終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


<スポンサーリンク>