こんにちは太田空です。

今日は、千畳敷カールの紅葉と平日の混雑についてお送りします。

 

13千畳敷カール平日紅葉

 

一足先に、紅葉を楽しめる駒ヶ岳千畳敷カール。(9/20~)

全国屈指の絶景とアクセスの良さで、カリスマ的な人気を誇る観光名所。

 

でも…人気がありすぎて、連休や土日のピーク時には「ロープウエイ3時間待ち」という、大混雑の伝説も残っています。

と言う事は、平日もそれなりに混雑するのかなぁ?

 

ちょっと見てみましょう・・・

 

千畳敷カールのロープウエイとバスの待ち時間は?

千畳敷カールそのものは、広大な面積。

だから、当地に着いてしまえば窮屈な思いをすることはありません。

 

でも、そこへ行くまでの経路が問題。

バスとロープウエイにスイスイ乗れれば良いのですが…

 

バスの待ち時間

車の人は、マイカー規制が施かれているので、バスでロープウエイのしらび平駅まで行きます。

(菅の台駐車場からバスにに乗り換え、駐車料金¥600)

 

電車の人は、JR駒ヶ根駅からバスに乗る。

 

千畳敷カール平日紅葉11

 

どっちにしても、バスに乗るんですが…このバスが混むんです。

平日でも、1時間待つのはザラ。

 

体力がない人は、ここで力尽きちゃいますよね( ;∀;)

 

で、そんな混雑を回避するには、早朝の到着が大事。

バス乗り場には、できれば朝7時~8時までには並んでおきたいところ。

 

それでも先客はいるんですが、何十分も待たされることはありません。

 

ロープウエイの待ち時間

さて、バスに乗ってしらび平駅についたら、ロープウエイに突入です。

早朝から出発している人なら、渋滞しないでサクサク乗り込めますよ~

 

紅葉千畳敷カールロープウエイ

 

でも、昼間の丁度いい時間に来ようものなら(10時とか)、30分以上は待たせされるかも?

さらに、帰りのロープウエイでは1時間待ちもありえる。

 

たとえ、平日であったとしても…

 

それもこれも、早く来場して早く帰れば、混雑を回避できます。

8時に登って昼過ぎに降りるくらいのスケジュールだったら、ストレスなく千畳敷カールを楽しめますよ。

 

一足早く登り、ソフトクリームを食べながら、見頃を迎えたの紅葉を眺める。

そして、ランチのソースカツ丼は山を下りた後かな?

 

平日と土日の違い

平日でも、それなりの混雑が予想される千畳敷カールの紅葉。

これが土日ともなると、かなりヤバいです。

 

ロープウエイの待ち時間だけで、片道2時間

往復4時間も待たされます。

 

これに加え、バスの時間も入りますよね。

すると、紅葉を見るより人を見ている時間の方が長い。

 

これじゃ、千畳敷を散策する時間も減っちゃうし、日帰りスケジュールでは間に合わないかも?

 

土日は、朝一の時間を狙ってバスの始発に時間を合わせたつもりが…すでに長蛇の列だったりします。

始発でも、こんな状態!

 

バスも出遅れると2時間待ちですから、ゆっくりスタートだったら恐ろしいことになる…

 

いづれにしても早起きは必須なですが、土日や連休はさらにハードルが高くなる様子。

5時始発のバスには、発車前から大行列ができています。


<スポンサーリンク>