こんにちは太田空です。

今日は「ブラックバスはまずいか?」について送りします。

 

14ブラックバスマズイ

 

巷では「ブラックバスはまずい」「ブラックバスは臭い」などの酷評受けています。

 

でも、ブラックバスは当初、食用の魚として日本に輸入されてきました。

それなのになぜ・・・

 

やっぱり、まずいんじゃないの?

 

本当は実際に食べてみるのが一番なんですが… スーパーやレストランで、ブラックバスの料理ってなかなか置いてないですよね。

 

そこで今回は、ブラックバスを食べた人の口コミ評判についてまとめてみました。

 

クソまずか?激ウマか?

ちょっと見てみましょう…

 

ブラックバスはうまいか?まずいか?

ブラックバスの料理はいろんな種類があるんですが、その中で代表的な料理の感想を集めて見ました。

まずは、ブラックバスのムニエルから。

 

ブラックバスマズイ12

 

ブラックバスのムニエル

  • 淡白な風味で普通に美味しい
  • 白身魚でプリッとした歯ごたえがいい感じ
  • 味にくせがないので、いろんな料理に使えるのでは?
  • スズキの仲間なので、やっぱりそれっぽい味

 

ブラックバスの刺身

続いて、バスの刺身はどうなんでしょう?

  • 激ウマではないけれど、決して悪くはない
  • 淡白な味で当たり障りがない
  • もっちりした食感が好き
  • 生臭いかと思ったら、全然そんなことはなかった

 

天ぷら

  • 以前バスのフィッシュアンドチップスを食べて、美味しいのは知っていた 。天ぷらももちろん美味しい。
  • 臭みが全くない
  • スズキとかヒラメに似た味だった
  • 芦ノ湖でバスの天丼を食べた。ゲテモノ食いのつもりが、拍子抜けするぐらい普通の天ぷらだった

 

14ブラックバスマズイ

 

塩焼き

塩焼きは、 魚の味がモロに出ます。

アジとかヤマメに比べれば、絶対に落ちると思うんですが…

  • ニゴイと比べると格段に美味しい
  • 焼き上がりの香ばしい香りがして、食欲をそそる
  • やっぱ、スズキに近い味
  • 鮎の塩焼きにはかなわない

 

などなど。

 

臭くて、クソまずいかと思ったらそうでもない様子。

丁寧に調理すれば、美味しく食べれそうですね。

 

ただ、これといった特徴もない。

 

要は、料理の腕次第。

ブラックバスは、普通に美味しい白身魚です。

バスの臭い浮袋とか、皮をきちんと処理できればぜんぜん問題なし。

 

全体的には、ムニエルとかフライみたいな油を使った料理が人気

基本的に、淡白な魚なので。

 

なぜブラックバスの料理が広まらないのか?

食材の味としては、十分合格のブラックバス

 

全国の河川や湖にいて、繁殖力も強い。

だったら「もっとバスを食べればいいじゃん」思うんですが、なかなか世間的には広まらない。

 

これは、ウナギとかニジマスと違って、ブラックバスに対してゲテモノ的なイメージがあるからかもしれません。

 

寄生虫がいるとか、 ドブ川みたいなところにも住んでいる…みたいなイメージで。

 

11ブラックバスマズイ

 

あと、個人的に思うのは…ブラックバスは歩留まり悪い。

歩留まりとは、一匹の魚から取れる魚肉の量のこと。

 

バスは、頭とかヒレがでかい。

だから、三枚におろすと、実際に食える肉の量がだいぶ減っちゃうんですよね。

 

元々でかい魚だと思ったのが、捌いていくうちにどんどん小さくなってしまう。

これは、料理を作る人にとってはちょっと残念なところです。

東京でブラックバス料理が食える店はどこ?


<スポンサーリンク>