こんにちは太田空です。

今日は登山服とジャージ」についてお送りします。

 

登山服装ジャージ12

 

登山とジャージって一見ミスマッチな感じ。

でも、意外とコレ使えるんですよ~

 

そこで今回は、ジャージを愛用している登山者の口コミをまとめてみました。

いい所も悪い所も全部紹介します。

 

登山の服装でジャージを着ることのメリット

それでは早速、 ジャージのメリットについてご紹介します。

 

  • 夏の登山なら、ジャージで全然問題ない
  • ジャージは動きやすいので、クライミングにはもってこい
  • 裏起毛のジャージなら、少し寒い季節でも大丈夫
  • 専用の登山ウェアを持っていない人はジャージがおすすめ
  • 山用のアンダーウェア着ていれば、ジャージでだいたいOK
  • 足の曲げ伸ばしが楽で、変な登山ズボンより良い
  • 学校の登山では、みんなジャージを着てるじゃないか
  • ジャージジャージは安い! しまむらで1000円だった
  • ジャージもいいけど、サッカーウェアでも大丈夫
  • 昔はジャージが当たり前だった
  • 山小屋でバイトしている時のオーナーがジャージを着ていた
  • 登山でジャージを着るのは正解

 

などなど。

寒くなければ、ジャージでだいたいOK なんですね。

 

でも、専用品でない分機能的に劣るところもあります。

そこで、ジャージのダメなところ見てみましょう。

 

登山服装ジャージ13

 

黒い登山服は危険?スズメバチに刺されて銃で撃たれる?

登山服としてのジャージのデメリット

  • ダサくて貧乏くさい感じがする
  • 防水、防風、防寒機能がない
  • 木の枝に引っかかると、糸が飛び出る
  • 登山服に比べて、若干生地が弱い
  • 冬場は寒くて無理
  • リュックを背負ってハーネスを掛けると、ジャージのポケットが使えなくなる
  • ジャージよりもワークマンの作業ズボンの方がいい。ベルトは使えるしポケットがいっぱいある。
  • 田舎のヤンキーだと思われたくない

 

などなど。

 

保温性やポケットの位置などは、登山ウェアの方が優れているようです。

さすが専用品。

 

ビジュアルに関しては、致命的にダメですね。

まあ、本人にが気にしなければ問題ないのですが…

 

富士山登山道13

 

全体的な意見としては「冬以外の季節はジャージで OK」って感じ。

あと、完璧を求める人にはジャージはお勧めできません。

 

細かいチェックポイントとしては「ジャージのズボンは腰紐がついてるやつがいい」とのこと。

何かの拍子にジャージが濡れると、腰からずり落ちちゃうんですって。

 

なるほど!これは経験しないと分からない事ですよね。

 

登山リュックで肩こり?肩が痛い理由は?腰ベルトが大事?


<スポンサーリンク>