こんにちは太田空です。

今日は「富士山の熊についてお送りします。

 

13富士山熊

 

富士山の周りで、時々見かけるこの看板。

ちょっとドキドキしませんか?

 

富士山の熊は人に噛み付いたり、 お弁当を盗んだりしないだろうか…

富士山の登山に行く人は、ちょっと気になりますよね?

 

そこで今回は、富士山の熊はどこに現れ、どんな悪さをするのかついてまとめてみました。

 

富士山の熊はどこにいるのか?

毎年、富士の山周辺では様々な熊の目撃情報が寄せられています。

 

  • 富士吉田市にも出るし
  • 山中湖の方にも出るし
  • 自衛隊演習場とか
  • 富士宮市にも出る。

 

山梨県全域では例年100件くらいの目撃情報が上がっていて、静岡県の富士市だけでも5件以上の目撃例があります。

 

目撃される場所は、大概林道とか森林の中。

(当たり前ですが、街中をうろうろ歩いているワケじゃないんですよね)

 

だから富士山の登山をする人は、熊の出没に注意しなければいけません。

 

ただ、富士山を登る人は5合目からスタートするパターンが多いと思います。

そうすると、標高が森林限界を超えちゃっているので、熊さん的には餌のないエリアに突入しているわけです 。

 

12富士山

 

草木の乏しい場所に、熊はいません。

 

熊は、自分のご飯のないところに興味がない。

人間みたいに富士山に登ってご来光を見て感動したり、夏休みの思い出を作ろう…なんて考えはありませんから。

 

ということは…富士山の登山中に、熊に会えるチャンスは滅多にない。

個人的にはちょっと残念なんですが、 熊が怖くて登山を躊躇している人には良い話ですよね。

 

でも、一合目から地道に登ってくる人には、でかい熊さんとの感動の出会いがあるかも知れませんよ?

(くれぐれも、喧嘩はしないでください)

 

筑波山のイノシシと熊!出没や襲撃の危険性は?どっちが怖い?

登山のリュックは黒だと危険?スズメバチに総攻撃される?

富士山の熊は人を襲撃するか?

富士山周辺に、熊がいるのは間違いありません。

しかし、必ずしも人間を襲うワケではないんです。

 

ここが微妙で難しいところ。

 

よく「熊は臆病な動物だから、人間が近づくと自分から逃げていく」

なんて話を聞きます

 

確かに、そういう熊もいるでしょう。

 

でも、世の中の熊がみんな臆病とは限らない。

熊にも個性があって、臆病者もいれば攻撃的なやつもいる

 

富士山熊12

 

でさらに、優しい熊であっても自分たちの子熊がピンチとあらば・・・

闘争本能むき出して、威嚇&強烈なパンチを打ち込んでくるかも知れない。

 

だから一括りに「熊は臆病」とか「熊は猛獣だからこわい」なんて判断できないですよね。

 

あと、富士山方面だと熊の事故はあまり記憶にありません。

他所の山間部のエリアだと「人が熊に襲われた」という話は、たまに聞きます。

 

富士急ハイランドに熊が紛れ込んできた」とか「自衛隊の演習場に熊は登場した」っていう話は聞くんです。

 

でも…富士山周辺で、熊と格闘して撃退スプレーで応戦した、みたいなケースはないんじゃないでしょうか?

 

富士山の「初心者単独」登山は危険?登頂率は何パーセント?

青木ヶ原樹海にも熊はいる?

青木ヶ原樹海にも、熊はもちろんいます。

 

青木ヶ原には、シカ、イノシシ、ウサギ、キツネ、リス等の野生動物がいるので、熊だけ欠席するわけにはいかないんですよね。

しかし、実際は動物たちの姿を見ることは、少ないでしょう

 

12イノシシ

 

それは、青木ヶ原樹海は森林としての歴史が浅く、森の動物たちをしっかり食わせていくだけの森の食料がないから。(※森林は長い年月をかけて、豊かな食料が生産できるようになります)

 

だから、樹海には一応、動物はいるんですが…あまり人気がない。

どっちかって言うと 、動物たちは青木ヶ原に近い朝霧高原の方にたくさんいると思います。

 

富士山のお盆混雑は?マイカー規制や登山の時間など!山小屋は?


<スポンサーリンク>