こんにちは太田空です。

今日は、富士山の登山に「ストック(トレッキングポール)は必要か?」についてお送りします。

 

富士山ストック12

 

富士山の登山ともなると、日帰りピクニックよりも若干ハードルが高い様な気がする…

 

そこで「ストック(トレッキングポール)も用意した方がいいのかな?

なんて、考えてる方もいるんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、富士山の登山に「ストックは本当に必要か?」についてまとめてみました。

 

富士山の登山にストックが必要な人、邪魔になる人は?

ぶっちゃけ、富士山を登山するのに特にストックはいりません

水筒、雨具、お金、スマホ、防寒具などは絶対に必要なんですが、ストックにはそこまでの重要性はないです。

 

なけりゃないで、どうにかなるもの。

 

むしろ、元気バリバリの山ガールちゃんとか、 富士山歴10回の登山マニアにはちょっと邪魔になるかもしれません。

 

14富士山

 

とは言うものの…ストックがあった方が良い人もいます。

山道を普段歩き慣れてない方とか、体力に自信がなくてギリギリ富士山に登っている人など。

 

ストックの有用性は、主に下山する時に活きてきます。

 

登山の時に体力を使って弱った足で下山すると、状態のバランスが取りにくいんですよね。

しかも、傾斜のある下り坂。

 

平地は誰でも歩き慣れていると思いますが、角度のある坂道は使う筋肉の種類が違います。

体力的には疲労しているし、地面は変化の多い不整地。

 

そんな状態で長時間歩いたら、もちろん転びやすい。

そこで、ストックを一本持っていると状態のバランスが取りやすく、足への負担も軽減します

 

ちなみに、ストックを持つ手は右利きの人は右手に持ち、左利きの人は左手。

ストックを3本目の足として使うのではなく「第2の右足」もしくは「第2の左足」として利用します。

 

まあ、普通にストックを持って下山すれば、自然とそうなっていると思いますが…

 

富士山はランニングシューズでも登れる?登山靴との違いは?


<スポンサーリンク>

おススメのストックは?

アウトドアショップやインターネットの販売サイトを見ると、いろんなストックが売られていますよね?

 

どれを選ぶかは買う人の好みが決定権を持つんですが、 気にしてほしいポイントが一つだけあります。

それは持ち手の形状。

 

登山のストックの持ち手には大きく分けT字型とI字型があるんですが、僕のお勧めはI字型の方。

 

富士山ストック13

 

T字型のストックだと、どうしてもストックに体重をかけてしまいがち。

もしそんな状態で、不慣れで足場の悪い所でコケてしまったら、怪我につながる危険性があります。

 

そして I 字型のストックならば、持ち手の高さが上の方に来るので、むやみに自分の体重を預けることはありません。

 

あと、I 字型のストックは、持ち手の所にストラップが付いています。

このストラップが、いい仕事をするんですよね。

 

ストックにストラップが付いていれば、握る手を緩めてもストックが落ちることはない。

そういう安心感もあって、ストックを持つ力を軽くすることができます。

 

脚の疲労をサポートするためのストックなのに、手が疲れてしまったら残念じゃないですか。

というわけで、富士山を登山する時のストックは I 字型がいいんじゃないかな~と思うんです。

 

富士山は何歳から登山できる?幼稚園の子供でも登れる?

金剛杖でもOK!レンタルもある?

先ほど「富士山の登山にストックは特に必要ではない」と書いちゃいましたが「使っちゃだめ」って事もないです。

 

基本的に必要ないから用意はしてこなかったけれど、現場に着いてみたら「やっぱ使ってみたい」なんて、気まぐがあっても良いですよね?

 

そんな時は、5合目のお土産屋さんに売っている「金剛杖」を利用するといいと思います。

 

11富士山ストック

 

また、登山系のショップだったら、ストックのレンタルサービスをしてるとこもありますので、 在庫が残っていたら一発借りてみましょう。

 

ちなみに登山ストックの2本使いは、メッチャ重い荷物を背負っているとか、ハードな登山の時に使うので、富士山の金剛杖の購入は1本でOKです。

 

富士山のお盆混雑は?マイカー規制や登山の時間など!山小屋は?


<スポンサーリンク>