こんにちは太田空です。

今日は、初心者の棒ノ折山登山のついてお送りします。

 

11棒ノ折山初心者

 

初心者向けの登山スポットと知られる、埼玉県の棒ノ折山(棒ノ嶺)。

 

ということは、スニーカーとかジーパンを履いて登っていけるんでしょうか?

御岳山や高尾山は、まあまあいける感じだったし…

 

でも、写真を見ると岩がゴツゴツしていたり、沢が流れていたりしてちょっと難しそう。

そこで今回は、棒ノ折山が初心者でも軽装で気楽に乗っていけるか?ついて考えてみます。

 


<スポンサーリンク>


棒ノ折山はスニーカーやランニングシューズで登山して良いのか

棒ノ折山の登山は、標高も低く日帰りのハイキングコースとして人気があります。

また、装備に関してもスニーカーや運動靴等の軽装でも OK!との話。

 

とは言うものの… こんな写真を見るとちょっと身構えちゃいますよね。

 

12棒ノ折山

 

確かに棒ノ折山程度の山だったら、トレッキングシューズを履かなくてスニーカーでも登れると思います。

でも、それって「スニーカーが最適」というワケでもないです。

 

不整地の登山道ですから、木の根っこが飛び出してたり岩がゴツゴツしているので、やっぱりトレッキングシューズの方が歩きやすいのは確実。

 

沢沿いの道は地面がジメジメしているし、傾斜のある山道はスニーカーで歩くと滑りやすい。

ベテランハイカーだったら 経験があるので、歩きづらいところがあっても神経を使って通過することができます。

そこで「スニーカーでも登れる」的な意見が出てくるんですね。

 

高尾山みたいな舗装された登山道を歩くんだったらスニーカーでもいいんですが、 棒ノ折山登山道だとちょっとストレスを感じるかもしれません。

 


<スポンサーリンク>

棒ノ折山の難易度は?

棒ノ折山の難易度は初級と中級の間ぐらい

 

棒ノ折山を登るのに、登山のテクニックや長年の経験などは必要ないでしょう。

でも、足元の注意は必要だし、それなりの体力は使います。

 

13棒ノ折山

 

高尾山や御岳山の参道を登ることは、お散歩に毛の生えたようなものですが、棒ノ折山の登山はそれよりも、もうちょっときついかも

普段運動不足の人が棒ノ折山で登山デビューしたら、翌日はとてつもない筋肉痛になると思います。

 

遭難や事故の危険性は?

初心クラスの棒ノ折山は、特に危険度が高いわけではない。

だから、山が難しくて遭難や事故になる事は滅多に起こりません。

 

足を滑らせて30メートル 滑落したとか、地獄のように迷路をさまよった…何ていうケースは、あまりないと思います。

 

14棒の折れ山

 

でも、ちょっとした不注意が大怪我や遭難につながることはある。

3メートル滑落して頭を強打したり、 木の根っこに足を取られて骨折したり。

 

3 メートル滑り落ちて岩のとんがったところに頭をぶつけたら、ものすごいことになりますよね。

比較的登りやすい棒ノ折山であっても、 それなりに危険性はあるようです。

(少数ですが、死亡事故の発生もありました)

 

 


<スポンサーリンク>