こんにちは太田空です。

今日は、高尾山の登山とランニングシューズについてお送りします。

 

11高尾山ランニングシューズ

 

高尾山を登るには、ランニングシューズでも大丈夫だろうか?

やっぱり、トレッキングシューズの方が歩きやすいかな?

 

そんな疑問を持っていらっしゃる方も多いんじゃないでしょうか。

 

確かに高尾山程度の山だったら、ランニングシューズでも登れちゃうかもしれません。

でも、歩くコースによっては「トレッキングシューズの方が向いている 」ということもあります

 

そこで今回は、 高尾山登山コースによる靴の選び方についてまとめてみました。

 

高尾山は辛くて危険できつい?難しいコースは?初心者でも大丈夫?

 

ランニングシューズでも登れる高尾山の登山コースはどこ?

登山をするからと言って、必ずしもトレッキングシューズを履かなくちゃいけない…なんてことはありません。

特に、高尾山のように軽い登山であるならば 、ランニングシューズでも何ら問題のないコースもあります。

それでは、ランニングシューズでも登れるコースご紹介していきますね。

 

高尾山登山コース11

 

1号路

高尾山登山のメインコース。

途中まで舗装されていて、一番歩きやすい。

 

11高尾山参道

 

2号路

ケーブルカー高尾山駅近くにある周遊コース。

一周30分くらいのコースで、気軽にハイキング気分を楽しめる。

 

3号路

メインコースである一号路を少し遠回りするようなコース。

所要時間1時間くらい。

起伏のない道で歩きやすい。

 

4号路

こちらも1号路を少し遠回りするようなコース。

紅葉や新緑の眺めが美しい。

 

5号路

高尾山の山頂付近を周遊するコース。

ほぼ平坦なコースで、坂道が少ない。

 

こう書いてみると、ほとんどのコースがランニングシューズで行けちゃうんですよね。

別にランニングシューズでなくても、バスケットシューズとかテニスシューズでもOKです。

 

11高尾山登山道

 

でも、さすがにハイヒールはまずいんじゃないかな~と思います。

舗装されていない道もあるし、ヒールが木の根っこに引っかかるかもしれませんから。

 

トレッキングシューズの方が向いている高尾山の登山コースは?

次に、トレッキングシューズの方が良いコースについて。

 

 

6号道

ケーブルカーに乗らないで、自力で高尾山山頂を目指します。

沢沿いの登山コースで、 石の上とかジメジメしたところを歩きます。

 

稲荷山コース

こちらのコースも、ケーブルカーを使わず高尾山山頂まで歩いて行きます。

木の根っこがばんばん張り出して、岩が混じった路面。

 

11高尾山稲荷山コース

 

6号路と稲荷山コースは、がっつりハイキング気分を味わえます。

でも、そのぶん路面は不安定なので、トレッキングシューズの方が歩きやすい。

 

高尾山のベストシーズンは?紅葉と新緑を徹底比較!

 

トレッキングシューズとランニングシューズの違いは?

山を歩くなら断然トレッキングシューズの方が歩きやすいと思います。

トレッキングシューズは靴底が硬いので、でこぼこした木の根っこや岩を踏んづけても大丈夫。

 

また、アウトソールがオフロード仕様になっているので、不整地でも足が滑りにくい 。

靴の重量はちょっと重いんですが、山道を歩くためならその方が足元に安定感があっていいんです。

 

これが、ランニングシューズで山に突入すると妙に足元が頼りなく感じる。

路面のでこぼこが直に足に伝わってくるし、 軽くて薄い作りのために足がガードされている感じがない。

 

そして、靴の裏がほぼ平らなのでグリップが弱く滑りやすいんですね。

 

トレッキングシューズがオフロード

ランニングシューズはオンロード

 

車とかバイクでも、オンとオフでは見た目からして全然違うじゃないですか。

そして、実際に性能も違う。

 

トレッキングシューズとランニングシューズの比較でも同じことが言えます。

 

高尾山の全コースを制覇したいならトレッキングシューズがあった方がいいけど、そうでもなけりゃランシューでもOKかな?


<スポンサーリンク>