こんにちは、太田空です。

今日は、海遊館ゴールデンウィークの混雑状況について記事をまとめていきます。

 

海遊館といえば大坂の人気水族館。

「今年のGWは、海遊館で楽しむぞ~」って、計画を立てている方も多いハズ。

 

でも、気になるのは海遊館の込み具合…

連休中だから普段よりも混んでいるのは何となく分かるんですが、問題なのはどのくらい混雑しているか、、ということ。

そこで、今回はGW中の海遊館の混雑や対策!についてお送りしますね。


<スポンサーリンク>


海遊館のゴールデンウィーク(GW)混雑や待ち時間は?

海遊館は大坂の人気テーマパークなので、お盆の夏休みやクリスマスなどは大盛況。

もちろん、ゴールデンウィークもですよ!

 

じゃ、どのくらい混んでいるかって話ですよね?

それはですね…

  • GW中は連日大混雑
  • 入場チケットの購入に30分以上
  • 場合によっては入場規制が入る
  • マイカーの駐車場は1時間以上も待つかも?

などなど。

 

いや~、これはかなり手強そう…

若いファミリーなら、人混みを楽しむパワーもあるかも知れないけど…ジジババが追加したり、赤ちゃんが一緒だったりすると苦戦は必至。

日程を調整した方が良いかも知れない。

 

でも「やっぱり海遊館!どうしても海遊館!」

っていう方も、中にはいるかも知れません。

そこで、GW期間の海遊館攻略法を紹介します。

 

海遊館のGW混雑状況は?待ち時間の予想や対策など!駐車場も待つ3

 

海遊館攻略法!GWバージョン・予想と対策

GW中の海遊館は、まともに行ったら人の多さに面食らいます。

だから、少しでもピークを避けるようなプランを立てたいところ。

そこで、GWの海遊館経験者のアドバイスをまとめると、次のようなご意見が出て来ました。

いくつか紹介します。


<スポンサーリンク>

マイカーを停める駐車場

海遊館には、もちろん駐車場はあります。

でも、GWの朝の7~8時台には満車に近い状態

営業は10時からだと言うのに…

 

当然、マイカーでの来場では駐車待ちを余儀なくされます。

それも、1時間以上はザラだと言う話。

 

それならば、場外のコインパーキングに停めてしまった方が早いです。

慣れた人なら隣の駅近くのパーキングに車を停めて、地下鉄を利用するなど。

 

理想は海遊館の駐車場にスコンと入れることです。

でも、一時間以上も待たされるなら、少し離れた駐車場から歩いたの方が時間的にも早いし…気分もいい。

 

それに、今どき道に迷う事もありませんよね?

スマホがナビってくれますから。

 

海遊館のGW混雑状況は?待ち時間の予想や対策など!駐車場も待つ1

 

14時以降の入場

GWの海遊館連日満員

と言っても、午前と午後では客入りの勢いが違います。

 

午前中はみんなやる気満々で、ガンガン攻めて来る。

朝10時のオープンするとめっちゃ行列を作って、さらに後ろから新しいお客さんがなだれ込んできます。

(※2018、4/28~4/30は9:30、5/3~5/5は8:30オープン)

整理券を発行したり、入場規制が入ったり大忙し。

 

しかし、午後になると…朝イチで盛り上がった来店パワーが落ちついてきます。

と言っても、昼過ぎ頃じゃみんなまだ帰りません。

 

風向きが変わって来るのは、だいたい14時ぐらいから

(だいたいですよ…日によって少し違います)

 

この時間になると、入場待ちもだいぶ収まって待ち時間も短くなってきます。

で、さらに16時あたりからお子ちゃま軍団が帰り始めますから、場内をある程度ゆったり観覧できます。

(ある程度ですよ…)

 

朝イチで来場するとこの逆で、時間とともに館内が過熱してくる。

だから、もし時間の調整が出来るなら、14時以降の来場がおススメですね。

 

ただ、あまり遅いと観覧する時間が短くなってしまいます…

20時ぐらいには閉店しちゃいますから。

 

海遊館のGW混雑の予想や対策・まとめ

いかかでしたか?

今回は、海遊館のゴールデンウィークの混雑についてお送りしました。

 

GWの海遊館は、連日大混雑。

しかし、それを少しでも避けるにはマイカーは場外の駐車場に停めたり、14時以降から来場をすることで、ピーク時の混乱を回避することができます。

普段の平日と違って、ピークを過ぎたら「ゆったり、のんびり~」なんてことは無いんですけど、人の勢いを少しでもかわすと楽しさや疲労がだいぶ違いますからね。

時間の調整ができるようでしたら、来場のタイミングや駐車場の場所を変得てみるのがおすすめです。

 

それでは、海遊館のゴールデンウィーク攻略についてのまとめを終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!


<スポンサーリンク>