こんにちは太田空です。

「暮らしの智恵とお楽しみ」にお越しいただきありがとうございます。

今回は、 TOKIOの城島茂さんの人柄や性格について送りします。

 

1仲良し山口達也城島茂

 

現在、セクハラ問題で世間を騒がしている山口達也「呆れた、もう TOKIO には戻れない」

と、バッサリ切り捨てた城島茂さん。

 

テレビ見る限りでは、とても優しそうな感じなんですが…そう聞くと、なんだか厳しそうな人に思えますね。

実際はどうなんでしょう?ちょっと見てみましょう。

 


<スポンサーリンク>


城島茂の人柄や性格は?いい人?

城島茂さんの性格の良さは、もはや定説と言っていいでしょう。

人に対して温厚で優しく、さらに少し天然ボケが入っているのが憎めないところ。

完璧過ぎない人柄が相手の気を許し、親しみやすさを感じさせます。

 

例えば、こんなエピソードがあります。

松岡昌宏さんが徹子の部屋に出演した時のこと。

 

黒柳徹子さんは TOKIO のことをあまり知らないらしく、 メンバーの写真を見て「この人が城島さんていうの? なんかマネージャーみたいね」と言っていました。

すると、松岡昌宏さんも「そうですね、マネージャーみたいな人なんです」と返します。

 

もし城島茂さんが、怖いだけの先輩だったらこんな冗談は言えませんよね 。

これは TOKIO のメンバーだけではなく、一緒に仕事をするスタッフ達も同じような印象を持っているようです。

 

また、こんな話もあります。

 

鉄腕ダッシュで、城島茂さんは無人島に舟屋の建築をしていました。

また、他の TOKIO のメンバー達も舟屋の雨戸の準備をしたり、柱や梁の工事を急ぎます。

 

そんな中、城島茂さんは床張りの担当。

そして、後でメンバーたちが合流するまでの間に、床を仕上げてびっくりさせようと思い…張り切って作業に打ち込みます。

 

しかし、天然ボケの城島茂さんは、2階に上がるための階段のスペースまで床で埋め尽くしてしまった!

 

これじゃ、出入りができない( ;∀;)

ショックに打ちひしがれる城島リーダー。

 

そこへ、 TOKIO の面々が帰ってきて呆れます。

ところが、これを見た松岡昌宏さんはリーダーの苦労をねぎらい「 スペースの広いから宴会ができる」みたいな冗談を言いました。

 

すると、城島茂さんはこれを聞いて思わず涙。

「お前、何でそんなにいつも優しいんや…」と。

 

普通は、こんなちっぽけなことで、いちいち涙なんか流すもんじゃありません。

 

でも、自分の失敗を思いっきり後悔し、その後にかけられた優しい言葉に素直に感謝するのが、城島茂さんらしいところ。

そんな彼の素直な姿をみて、 TOKIO のメンバー達も思わずもらい泣き 。

 

なんだか子供同士の友情物語を見てるようで、温かい気持ちになりますね。

 

仲良し城島茂山口達也

 


<スポンサーリンク>

山口達也とは仲良し?

城島茂さんは、山口達也さんの 書類送検の知らせを受け「山口は裏切った、復帰はありえない」と厳しく非難しています。

でもこれは、山口達也さんのことを個人的に嫌っての発言ではないと思います。

 

城島茂さんは、くだらないダジャレを連発したり天然ボケなところもありますが、基本的に真面目な性格の人

特に「筋を通す」とか「けじめをつける」言うことに関しては、かなり気を使っています。

 

普段は親しみやすいキャラで 優しい感じの人なんですが、後輩があまりにも無礼な振る舞いをしたりするとマジで怒るし、仕事の段取りもきちんとやらないと嫌がるんです。

 

だから、 TOKIO の名誉を傷つけた山口達也さんに対しては、きちんとけじめをつけてほしいと思っているんですね。

これは、被害者に対してはもちろん、ファンや TOKIO のメンバーに対しても山口達也さんが筋を通すことを求めています。

 

これって、一見厳しい発言のように思われますよね。

でも、今回の件に関して山口達也さんが真摯に反省する姿勢を見せなければ、 永久に世の中を敵に回すことになる。

 

ならば、即座に反省し心を入れ替えよ… そして新しい人生を切り開くんだ。

城島茂さんの言葉には、そんな思いが詰まっているような気がします 。

 

今までの信頼があたからこそ強く批判し、仲間としてけじめをつけさせる気持ちが「裏切り」と言わせたのかも知れません。


<スポンサーリンク>