最近、人気急上昇の俳優・中村倫也(なかむらともや)さん。

演技派の役者で、配役も広くこなし「カメレオン俳優」の一人に数えられています。

今のところ脇役系のキャストが多いのですが、じわじわ人気が上がりドラマ好きな視聴者からの注目を集めている真っ最中。

2018年の春からはNHKの朝ドラ「半分、青い」に出演し、これを切っ掛けにブレイクするかも?なんて期待されていますね。

今日は、そんな人気急上昇の中村倫也さんを紹介します。


<スポンサーリンク>


中村倫也ってどんな人

中村倫也さんって名前的には、まだそれほど有名ではありませんね…

でも、顔を見れば「あ~あの人ね」って思い出す方も多いかも知れません。

 

良く知られているドラマだと「下町ロケット」とか「闇金ウシジマくん」などに出演しています。

 

ただ、演技幅が広い俳優なので配役次第では別人物に見えるかも?

例えば、「下町ロケット」ではとても誠実な青年エンジニアを演じたかと思えば、「ホリデイラブ」ではブチ切れたDV夫がめっちゃハマるなど…

 

つまり、それだけ演技力が高いってことなんですけど、逆を返せばキャラクターが覚えづらい…とも言えますね。

ま、これは本格派俳優の宿命かも知れませんが。

 

さて、そんな中村倫也さんが、いよいよNHKの朝ドラに出演するワケですね。

朝ドラは視聴率が高いし、毎日放送します。

当然、主演者たちの知名度も上がりますよね?

 

そこへ、イケメンな実力派俳優が登場したら、名前も顔も良く知れ渡り…

ブレイクしちゃうかも?

中村倫也さんは、今そんな風に期待されているところであります。

 


<スポンサーリンク>

中村倫也の経歴

中村倫也さんは、高校1年のときにスカウトされたのが切っ掛けで芸能界入りします。

でも、実際にデビューするまでに4年ぐらいかかってしまいました。

 

(ちなみにデビュー作は「七人の弔い」という映画で、監督はたけし軍団のダンカン。

サスペンスものの作品でした)

 

その後もしばらくはチョイ役時代が続き、ご本人も「オレは下積みが長かった」

と自認している様子。

映画もドラマも出演はしていましつつも、ずーっとチョイ役ばかり。

 

そんな役者生活が10年続きましたが、ついに「ヒストリーボーイズ」という舞台作品で主演の座を得ることができました。。

 

これが、人生を変える切っ掛けとなります。

「ヒストリーボーイズ」での演技が評価された中村倫也さんは「第22回読売演劇大賞優秀男優賞」を受賞。

もともと実力のある俳優だったんですが、優秀男優賞の受賞であらためて脚光を浴びるようになりました。

 

ヒストリーボーイズ以降は、映画ドラマの出演本数がガツンと増え重要な役も回ってくるようになり、下町ロケットの出演もそのひとつ。

また、下町ロケット(2015年)の翌年が映画「星ガ丘ワンダーランド」ですから、徐々にエンジンがかかってきた感じがしますね。

 

さらにテレビCMでの出番もあり、吉野家とかダイワハウスのコマーシャルにも出演しています。

でも、注意して見ないと気が付かないかも?

キャラクターよりも演技の方が上回っているので。

 

まとめ

中村倫也さんは舞台芸能出身の演技派俳優。

芸能界には高校生の頃から足を踏み入れていますが、長い下積みのキャリアを経て注目され出したのはここ数年。

そして今が上り調子の最中で、このタイミングにNHKの朝ドラに出演。

ビジュアルも演技力もバッチリの中村倫也さん。

もしかしたら、数か月後には大きくブレイクするかも知れません…


<スポンサーリンク>