こんにちは太田空です。

「暮らしの知恵とお楽しみ」お越しいただきありがとうございます。

 

今日は、平埜生成さんについて記事を書いていきます。

平埜生成→「ひらの きなり」

若干、読み方の分からないお名前ですね…

平埜生成さんは、最近注目を集めてい舞台出身の若手俳優。

イケメンで演技も上手いと評判なんです。

でも、まだブレイク前なので見覚えのない方もいるかも知れませんね。

そこで、今日は若手男優のホープ「平埜生成」さんのご紹介をします。


<スポンサーリンク>


ジャニーズから出発

平埜生成(ひらのきなり)さんは、舞台で芸能経験を積んだ俳優です。

しかし、デビュー以前はジャニーズに所属していました。

(ネットで探すと当時の画像が出て来るそうです)

 

顔だちは、思いっきりジャニーズ系なので素直に納得できますよね?

「うん、そんな感じするする」って。

 

ただ、ジャニーズでの所属期間は短く、その後アミューズに籍を変えました。

たしか高校生か中学生の頃だと思います。

 

そして、ここから平埜生成さんの第二の芸能人生が始まりました。

アイドル路線から、ストイックな演劇の世界へと飛び込んだのです。

 

舞台俳優・劇プレへ

アミューズに移籍した平埜生成さんは、17歳で舞台俳優としてデビューします。

 

とりあえず、有名な作品としては「ミュージカル・テニスの王子様」とか。

 

その他「ロミオとジュリエット」など、王道のお芝居もやっています。

蜷川幸雄の名前も絡んでいますので、厳しくしごかれたかも知れませんね。

 

特に平埜生成さんはアミューズの若手メンバーだけで構成する「劇団プレステージ」(劇プレ)のメンバーとして所属し、しばらくはここでの活動がメインでした。

 

劇プレは、舞台演技をストイックに追求するコテコテの演劇グループ。

平埜生成さんはそんな劇プレで修行し、役者としてのスキルを磨いたのでした。

 


<スポンサーリンク>

ドラマの主演と大河にも出演

劇プレで経験を積みながら、ちょこちょこテレビドラマにも出演するようになる平埜生成さん。

と言っても、レギュラーで出れるようになるまで8年ぐらいかかってますから、けっこう苦労してますね。

 

そして、だんだんと経験を積むと重要な役も任されるようになり、BSのドラマ「バウンサー」ではついに主演に抜擢。

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」では、徳川信康の大役を務めるようになりました。

 

これはアイドルタレントが、いきなり主役を取るのとはワケが違います。

じわじわ実力をつけて、重要な脇役を演じるってところが良いんですね。

頑張ってる感じがしますから。

 

そしてそして、2018年の春からは日テレのドラマ「正義のセ」にレギュラー出演。

「正義のセ」の前には「BG〜身辺警護人〜」に出ていますが、こっちはゲスト出演なので露出度が全然違います。

良い演技をして評価が高まれば、一気にブレイクするかも!?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は若手注有望の俳優、平埜生成さんについて紹介してきました。

 

ジャニーズからスタートし、本格演劇の世界に飛び込んだ平埜生成さん。

長い下積み修行で得た演技力はドラマの世界でも評価され、「おんな城主直虎」では徳川信康という重要な役を演じます。

今後、平埜生成さんの活躍はますます期待され、「いつブレイクするか」と注目の集まるところ。

 

とりあえず、2018年の春からは「正義のセ」に出演しこちらでの演技も楽しみですね…

 

それでは以上で、平埜生成さんについての紹介を終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


<スポンサーリンク>