こんにちは太田空です。

今日は、運転免許の更新期限についてお送りします。

 

 

運転免許の更新をうっかり忘れた!

気がつけば、誕生日の日付はとっくにに過ぎている…

 

免許の更新を忘れると、ホント焦りますよね。

 

でも、これって早めに気がつけば、それほどダメージはありません。

ところが、半年を過ぎたあたりから、だんだんヤバくなってくる?

 

そこで今回は、免許更新の期限や交付についてまとめてみました。

自分の免許は、まだ大丈夫なのかチェックしてみてください。

 

運転免許の更新忘れはいつまで大丈夫?

運転免許の更新は、自分の誕生日の一か月前後の期間に行います。

日本人的な感覚だと、なるべく誕生日前には済ませたい気持ちがあるんですが…誕生日過ぎても、一か月以内だったら大丈夫。

 

でも、それ以上の期間を過ぎたら、だんだんめんどくさい事になります。

 

具体的には・・・

  • 誕生日から1か月以内(免許の有効期間なので、普通に更新できる

  ↓

  • 1か月以降、免許の有効期限切れ免許が失効して、車が運転できなくなる)

     ↓

  • 免許失効から6カ月以内(新しい免許を交付する場合『特定失効者に対する講習』 を受けねばならない)

と言った流れになります。

 

免許の更新期間を過ぎたばかりに、余計な講習を受けなくちゃいけない。

めんどくさいです…

 

でも、そのくらいだったらまだマシかも?

6ヶ月以降は、さらに大変なことになりますよ~

 

半年過ぎるとヤバいかも?

免許を失効してから半年以上経過すると、免許の取り直しが必要。

ただこの場合、仮免の試験は免除されます。

 

つまり、本免許試験からやり直しって事。

 

免許更新期間12

 

一発で受かる自信あります?

学科と実技両方ですからね…考えただけで気が重くなる(-_-;)

 

そして、運転免許の失効期間は、さらに上があります。

1年以上、免許更新を忘れると・・・

 

運転免許の新規取得?

運転免許の更新を一年間忘れると、運転免許に関する権利を全て失ってしまう。

すなわち、ゼロからのスタートして新たに免許を取得しないといけない!

 

6カ月~1年以内なら仮免の試験は免除されますが、1年以上はそれすらない。

これはキツイ…

 

せっかく時間とお金をかけて取得した、大事な運転免許が水の泡。

そんな最悪な事態だけは、何としても避けたいですよね。

 

ところで…中には病気や長期の海外出張などで、免許の更新ができなかった人もいると思いますよね。

 

そういう場合は、理由を説明すれば特別枠で対応してくれます。

やむを得ない理由」と言うことで。

 

やむを得ない理由がある場合は?病気や海外出張など

人によっては病気や災害、海外出張などの理由で、運転免許の更新ができない場合もありますよね?

そしてそれが、正当な理由があり諸事情を説明することができれば、 更新期間を超えても大丈夫なんです。

 

その場合の猶予期間は、最長3年間まで。

この期間は、学科と技能の試験を受けなくても、失効者講習を受けるだけで免許が更新できます 。

 

でも、さすがに3年を超えちゃうと、最初からやり直し。

 

11免許センター平日混雑

 

あと、これの逆パターンで入院とか海外出張の予定があり、免許更新のタイミングが合わない時は、前倒しして更新することもできます。

 

失効してからの免許の交付は?

運転免許が失効し、6月以内なら適性試験(視力と運動能力)を受けて、後は普通に更新できます。

 

持ち物は

  • 本籍地が書いてある住民票
  • 失効した免許証
  • 運転免許証更新通知書(持ってる人だけでOK)

あと、申請書とか顔写真も必要なんですが、それらは免許センターで調達できます。

 

ちなみに、一度失効してしまうとゴールド更新は出来ません。

 

あーそうそう。

70歳以上の人は「高齢者講習終了証明書」も必要です。

自動車教習所でやっている高齢者講習を受けたらもらえるやつです。

 

もし、6ヶ月以上経過してしまったら…それは、交付じゃなくって学科&技能の試験が先ですね。

気合を入れて、試験を突破してください!

 

 


<スポンサーリンク>