こんにちは太田空です。

今日は「10kmマラソンで50分を切る練習」についてお送りします。

 

マラソン

 

10kmマラソンで50分を切るようになったら、いよいよ中級ランナーへの仲間入り。

初心者だと、なかなかここまでのタイムは出ないのです。

 

ただ、ランナーさんによっては、50分手前で足踏みをしている人もいるかも知れませんね?

そこで今回は、10 km 50分の大台を突破するための練習について、まとめてみました。

 

10km50分切りはスピードアップがカギ

以前からジョギングを楽しみ、マラソン大会などに出場している 。

でも、なかなか10 km 50分を切れない・・・

 

時々、そんなランナーさんを見かけます。

ま、僕自身もそうでしたが。

 

10 km や20 km 走ることは、それほど苦ではないんですが…スピードが遅くて、タイムが伸びない。

 

それほど「早く走ろう」という気はなくても、ちょっとでもいいタイムが出ると嬉しい…

だから「10kmで50分切れたらいいな」くらいは思うんです。

 

そこで、10kmマラソンの大会にエントリー。

 

すると、なんとなく「練習しなきゃ」という気分になる。

お金をかけて走るんで、ちょっと本気になるんですよね。

 

で、練習メニューとして取り組んだのが、インターバルトレーニングでした。

 

と言っても、いい加減なトレーニングで「次の信号までスピードを上げる、その後はスピード落とす」みたいな感じで、ざっくりとした練習メニュー。

 

ただそれでも、いつもよりは心拍数や走る速度は上がります

そして気が付くと、普段のジョギングでもランニングフォームが大きくなって、前に進むような気がする・・・

 

もちろん大会では、念願の50分切り達成!(48分)

 

あまりレベルの高い話ではないんですが…スピードアップを心がけたら、いつもよりもちょっといいタイムが出ました。

たぶん、普段のジョギングだけでは、10 km50分切るということはできなかったでしょう(僕の場合)

 

そういえば、僕の周りにもフルやハーフのマラソンに出場してるんだけど、10km50分を切れない人が何人かいます。

 

そして話を聞いてみると、やっぱり… スピードを上げるようなトレーニングはしていない様子。

スタミナだけで走っているので、 ある一定以上の速度は出ないんですね 。

 

ハーフマラソンで1時間50分切りは速い?フルでサブ4可能?2

週一回のインターバルトレーニング

ランニングセンスの良い人だったら、サクッと通過してしまう10km50分。

でも、ごく普通の運動神経の人だったら、ちょっと壁になるかもしれない?

 

そこで、速く走るためのトレーニングをするわけなんですが…ま、ちょびちょび練習してれば、それなりにスピードはアップします。

個人的には、週一回のインターバルトレーニングを行っていれば大丈夫かな?と思います。

 

マラソン夏

 

正直、インターバルトレーニングをしている時は、ちょっときつい・・・

でもその反面、マラソンのタイムがちょっと早くなるとか、普段ジョギングでもスイスイ進む感じがして「やってよかった~」という思いもあります。

初心者でも10km50分を切れる?

マラソン初心者の場合、まずはタイムよりも完走できるスタミナが必要ですよね?

そこで、まずは確実に完走できる10kmマラソンにエントリーしたりする。

 

周りのみんなに「デビュー戦頑張れよ~」みたいなことを言われて。

 

 

ところが、 実際に走り終えてみると…いきなり50分切り!する人もいるんです。

もちろんそんな人は、少数派だと思います。

 

でも、最初から早い人って、ポツポツいるんですよね~

根本的に早いので、スタミナさえ付けばどんどん早くなる。

 

ランニングセンスの良い人・・・

そういう人だったら、初心者でも10km50分を普通に切れちゃいます

 

そして、インターバルトレーニング等をすれば才能が開花し、一年で上級ランナーの仲間入りを果たしたりする。

この手のランナーさんは「10km50分」のハードルなど、意識することなく一発目で越えちゃうんです。

 

フルマラソン後の練習再開は?完走の疲れは何日で回復する?


<スポンサーリンク>