こんにちは太田空です。

今日は「土鍋のメリット」について送りします。

 

ちゃんこ鍋11

 

土鍋の良い所って何だと思いますか?

とりあえず「料理が美味しそうに見える」とは思うんですが…他に、何かメリットがあるのかな~

 

もし、いろいろ良いところがあれば、土鍋を購入するのもいいですよね!

 

土鍋のメリットは何?

土鍋の最大のメリットは「料理を美味しくする」ということ。

 

例えば、土鍋でご飯を炊くとお米がふっくら炊き上がり、めっちゃ欲しくなりますよね。

それは、寄せ鍋とか水炊きなどの鍋料理にも言えることで、 金属鍋とは違った味わいになるわけです。

 

で、その理由は土鍋特有の「熱の伝わり方」によるもの。

遠赤外線の効果で鍋料理が美味しくなる

土鍋は、鍋が温まるまで時間がかかりますが、一度温度が上がると鍋全体が熱くなります。

すると、 鍋の中身を包み込むように加熱することができる。

 

また、土鍋の遠赤外線の効果で食材の芯まで熱が通り 、調理する時の熱ムラを抑えることができます 。

 

熱ムラがあると、火加減のちょうど良いところと、そうでないところが出来ちゃいますよね。

でも、全部ちょうど良い火加減だと、全体的に美味しくなります。

土鍋が育つ?

あと、マニアックな話をすると…土鍋は長年使っていると、出汁の風味が育ってくる・・・

ちょっと、意味がわからないかも?(;^ω^)

 

ま、要するに「土鍋に出汁の香りが染み込んでくる」という意味です。

 

昔、美味しんぼのストーリーの中で、こんなのがありました。

ある日、士郎がお店から長年使ったすっぽん用の鍋を借りてきます。

そして、醤油だけで味付けした雑炊を作ったら「すっぽん雑炊」ができた…という話。

(覚えてる人いますか?)

 

すっぽん鍋11

 

究極的には、あれと同じ現象が起こるらしい。

自動的に料理が美味しくなっちゃう鍋…みたいな感じかな?

 

ただ、そこに行き着くまでは長年の歳月を要する・・・

そして、その過程を「鍋が育つ」と言うんです。

 

もし、そんな鍋が家にあったら「我が家の家宝」に指定したいですね。

 

【鍋料理】栄養バランスの比較!寄せ鍋は体に悪い?


<スポンサーリンク>

土鍋のデメリット

今度は、土鍋のデメリットについて考えてみます。

良いところばかり紹介紹介してたら、不公平ですからね。

 

さて、土鍋のデメリットは・・・(いっぱいありますよ~)

 

  • 重い
  • でかくて収納が邪魔
  • 落とすと割れる
  • 鍋が温まりにくい
  • 鍋の外側が濡れたまま火にかけると割れる
  • 湿った状態でしまうとカビが生える
  • 一度しまったら出すのが面倒くさい

 

などなど

 

使い勝手で比較したら、金属の鍋の方が全然扱いやすいと思います。

この辺は、ご家庭の奥様にとっては重要なポイント。

 

土鍋を使うことで、家事労働が増えちゃうわけですから。

 

 

僕の家では、カミさんが鍋を作る時は金属鍋。

僕が作る時は土鍋を使います。

 

それでですね…僕が鍋当番の日に土鍋を引っ張り出すと、カミさんが嫌な顔するんですよ。

料理は僕は作るんですが、鍋を乾燥させて戸棚にしまうのはカミさんの仕事。

 

土鍋はでかくて重い。

だから、鍋が乾くまでキッチンに置いておくのは邪魔だし、重たい鍋をしまうものかったるいんでしょうね…

 

主婦目線で見たら、土鍋ってちょっと面倒くさい調理器具だと思います。


<スポンサーリンク>