こんにちは太田空です。

今日は、簡単で長持ちする生姜の保存方法について送りします。

 

生姜保存アルミホイル15

 

生姜って、一回で全部使い切らない事ってよくありますよね?

 

そして、次に使おうと思った時はカビだらけ。

もしくは、干からびてカサカサに…( ;∀;)

 

デカくてお得な生姜を買ってきても、これじゃ意味ないじゃないですか!

 

そこで今回は、生姜を上手に保存する方法について、まとめてみました。

全部簡単な方法ですよ~

 

一番簡単な生姜の保存方法・アルミホイル

保存期間1か月

 

生姜の一番簡単な保存方法は、アルミホイルを使うやり方。

残った生姜をキッチンペーパーに包み、さらにその上からアルミホイルで包む。

 

たったこれだけ。

 

しょうが 保存 期間 アルミホイル11

 

昔の人は、生姜を新聞紙に包んで保存していましたよね。

それでも、ぼちぼちいい感じでしたよ。

 

でも現代人なら、キッチンペーパー + アルミホイルの組み合わせがグッド。

キッチンペーパーが湿気を吸い取り、アルミホイルがカビの繁殖を防ぐ

(アルミホイルのイオン効果で)

 

この組み合わせにで、常温で1か月くらいの保存が可能。

 

ちなみに、キッチンペーパーは3日おきぐらいに交換すると安心です。

定期的に交換することで、生姜のじめじめした湿気を取り除くためにも。

 

生姜の風味を保つ保存方法・水

保存期間1ヶ月

 

生姜の新鮮な風味を最後まで保ちたい場合は、水の中につけます。

タッパーに生姜を入れて、ひたひたになるくらいまで水を張る。

 

そして、しっかり蓋をして冷蔵庫で保存。

 

ただ、水につけて保存する場合は、3~4日ごとに水を交換してください。

そうしないと、保存期間が短くなってしまうからです。

(赤唐辛子を1本入れると4~5日イケます)

 

11生姜保存アルミホイル

 

ちなみに、水につけて保存する方法だと、千切りとかスライスした生姜の保存も可能。

水につけてあるので、干からびることがないんですね。

 

冷凍保存のコツは?

保存期間2ヶ月

 

野菜って種類によっては、冷凍すると風味や食感が変わっちゃう物ってありますよね。

 

でも、生姜はその点大丈夫。

冷凍しても美味しく食べれます

 

そして、生姜を冷凍すると約2ヶ月間保存可能。

 

ただ、生姜を冷凍保存するときの注意点が一つだけあります。

それは「生姜をカットしてから、冷凍する」ということ。

 

千切りとか、スライスとか、すりおろし等々。

使う目的別にカットして、ラップに等に包んで、冷凍庫に入れましょう。

 

生姜を丸ごと冷凍してしまうと、次に使いたい時に解凍して切り出す必要がありますよね。

そして、残った生姜をまた冷凍すると、だんだん生姜はまずくなってしまう。

 

生姜は冷凍しても、美味しく食べれる食材なんですが…何度も冷凍⇔解凍を繰り返すと、だんだん風味が落ちてきます。

それを防ぐためにも、生姜をあらかじめカットして冷凍し、必要なものを一回で取り出せるようにするのです。

 

しょうがほぞんあるみほいる12

 

生姜風味が命。

豚の生姜焼きなんか、チューブの生姜より生の生姜の方が断然おいしいと思います。

 

長期間保存できる最強バージョンは?

保存期間半年

 

さて、3種類の生姜の保存方法を紹介してきましたが、これらを上回る最強の保存方法があるんです。

 

ま、2ヶ月もあれば、生姜も使い切っちゃうかな~とは思うんですが…ついでに、ご紹介しておきます。

それは「焼酎漬け保存法」。

 

さっき、生姜を水につけて保存する方法について書きましたが、これを焼酎に差し替える。

すると、半年間も保存が可能になります。

 

しかも、入れっぱなしでOK。

超楽チンですよね!

 

でも、実際には生姜を買って、半年後のことなんか考えてないと思います。

おそらく、買ってから2ヶ月以内には、生姜を食べ切ってるんじゃないかな~とは思うんですが・・・


<スポンサーリンク>