こんにちは太田空です。

今日は、東京でブラックバスが食べられる料理店についてお送りします。

 

11ブラックバス東京料理店

 

ブラックバスは、元々食用として海外から輸入された魚。

でも、ブラックバスの切り身がスーパーで売ってるところなんか、見たことありませんよね…ルアーフィッシングのイメージが強いし。

 

だから、ブラックバスを食べたことない人も多いはず。

(琵琶湖や芦ノ湖の周りでは食べれるんですが…)

 

そこで今回は、東京でブラックバスの食べられるレストランをご紹介します。

一軒だけ発見しました。

 

東京でブラックバスの料理が食べられるお店は?

東京でブラックバスの食べれるお店はこちら↓

12料理ブラックバス東京

 

サーモンアンドトラウトさん。

下北沢にあるモダンフレンチのお店です。

 

  • 場所:東京都世田谷区代沢4-42‐7  ※下北沢駅徒歩10分
  • 営業時間:18時~24時
  • 定休日:火、水

 

サーモンアンドトラウトさんは、こだわりのフレンチレストラン

高級食材や流行の料理を追いかけるのではなく、独自の視点でユニークなメニュー展開をしています。

 

かといって、ゲテモノ系やウケ狙いのお店とは違うんですね。

ちゃんとした食材を丁寧に調理する、真っ当なお店。

 

ブラックバスは日本人はあまり食べられていませんか、海外に行けば普通に料理のメニューとして登場する魚。

そういう食材は他にもいくつかあって、ザリガニとかハトとかカメ等もそうですよね。

 

食わず嫌いな人には、ちょっと受け入れ難いかも?

しかし、昔から食材としてあるものは、きちんと料理すればとっても美味しいんです。

 

で、ブラックバスもその一つ。

 


<スポンサーリンク>

ブラックバス以外のメニューは?

サーモンアンドトラウトさんは、枠にとらわれない発想のフレンチレストラン。

だから、普通のお店では食べられない料理を提供してくれます。。

 

例えば・・・

  • 熊とすっぽんのスープ
  • ザリガニのトムヤンクン
  • 鹿のソーセージ
  • ドリアンチップス
  • ワケのわかんないキノコ
  • ハイビスカスのスープ

などなど。

 

13ブラックバス料理店東京

 

食材は日によって変化するので、他にも珍しいメニューがあるかもしれません。

基本的にはフレンチの店なんですが…発想が柔軟なので、和風っぽいものもあれば、エスニックな料理も登場します。


<スポンサーリンク>