こんにちは太田空です。

今日は、五平餅の由来についてお送りします。

 

33五平餅

 

最近、 NHK朝ドラの影響で、にわかに脚光を浴びている五平餅。

そのため、五平餅の元祖といえば「岐阜県」というイメージが強いかも?

 

でも、それについては諸説あって、謂れも様々。

ま、細かい話をするとキリがないので…今回は、ざっくりと五平餅の由来についてまとめてみました。

 

五平餅の由来は?

五平餅の由来は、昔「五平さんという人が作ったから「五平餅」と呼ばれるようになったとか、形が「御弊」に似ているから五平餅なんだ、、という説があります。

 

11御幣
※神主さんが手に持っているのが「御幣」

 

ただ、これらの説には確たる証拠があるワケではなく、あくまでひとつの説。

昔からある言い伝えで、伝説みたいなもんですね。

 

もしかしたら、本当かどうかも分からない。

作り話かもしれないし…

(神様へのお供え物が五平餅になった、という話もあります)

 

こういう昔からある郷土料理は、由来が不明な事ってよくあるんです。

 

五平餅の親戚みたいな「きりたんぽ」だって、どこからスタートしたのかよく分からない。

山梨県の「ほうとう」は、武田信玄が宝刀で切り分けたから「ほうとう」と呼ばれるようになったとか。(嘘くさい…)

 

きりたんぽ
※きりたんぽ

 

で、五平餅もイマイチよく分からない。

さらに、五平餅的な食べ物の起源は、気が遠くなるほど古いと思いますよ~

 

餅も味噌も、縄文時代からありますから。

そして、炭火で焼く調理法はどんな原始人だってやってるし 。

 

人間の長い暮らしの中で、定評のある料理が生き残り… それを後から都合のいい名前をつけて、各地の郷土料理が誕生したんだと思います。

 


<スポンサーリンク>

元祖五平餅は岐阜県?

NHK の朝ドラで、 豊川悦司が「うんま」と感動して食べた五平餅。

その元祖は、 ドラマの演出通り岐阜県と考えても良いと思います。

 

3五平餅おいしい青森売っている場所名店

 

でもそれは、トヨエツが食べた五平餅のこと。

甘辛の濃厚な醤油ダレをつけて、こんがり焼いたわらじ型の五平餅

 

このタイプの五平餅は、岐阜県が元祖。

もっと言うと「岐阜県では」元祖。

 

しかし、ある研究者の説では「愛知県にあった味噌ダレの五平餅が、醤油味でリニューアルしたのが、岐阜県の五平餅」だという話があります。

 

つまり、岐阜の五平餅より愛知の方が歴史が古いんだ…と言いたいんでしょうね。

厳密に言うと、愛知と岐阜では少し時代差があるのかもしれません。

 

32五平餅

 

地元の人じゃないとピンと来ないんですが… 五平餅にこだわる人は「丸い五平餅は五平餅じゃない」とか「あいつらの五平餅は、俺たちの五平餅のパクリだ」なんて言って、プライドを張り合っているようです。

(素人は、どっちだっていいじゃん、、って思うんですが)

 

時代的には、愛知県の五平餅の方が古いらしいけど…新しい味を考案してそれが広まれば、そこからまた別の元祖が発生します。

 

もし、今後「カレー味の五平餅」とか「クリーミー五平餅」みたいなのがデビューして人気を博せば、それはそれでひとつの元祖。

「元祖・いちご大福」みたいな感じで。

 

そんなわけで、愛知とか岐阜とか長野などに、それぞれ五平餅の元祖があります。

 

ちなみに、中部各地の五平餅の特徴をまとめると…

  • 愛知県、岐阜県の広範囲:醤油ダレ+ナッツ類、わらじ型
  • 三河地域:味噌ダレ、わらじ型
  • 岐阜県恵那地域:醤油ダレ+ナッツ類、わらじ型と丸形が混生
  • 長野県:味噌ダレ+ナッツ類、まんじゅう型

などなど。


<スポンサーリンク>