こんにちは太田空です。

今日は、青森県の五平餅についてお送りします。

 

7社長五平餅青森売ってる場所名店おいしい9

 

五平餅といえば、岐阜県や長野県が有名な郷土料理。

とはいうものの、素朴な田舎料理ですから似たようなのもは全国各地で目にすることができます。

そして、青森県にも五平餅はありますよ~

青森県の五平餅といえば「北川商店」の五平餅が有名。

それでは、北川商店の五平餅はどんな五平餅なのか見てみましょう。

 


<スポンサーリンク>


青森県でおいしい五平餅が売っている名店「北川商店」

青森県まで来ると、中部地方からはだいぶ距離があります。

それでも、五平餅は存在していました。

青森県では「北原商店」さんがおいしい五平餅を食わせてくれますよ~

 

五平餅おいしい青森名店売ってる場所

 

北川商店の場所はここ↓

 

メッチャ田舎です。

鯵ヶ沢街道沿いにお店があり、前が畑で裏が林。

やっぱ郷土料理のお店は、こうでなっくっちゃ!

 

そして、こちらが北村商店さんの「ごへいもち

五平餅青森売ってる場所名店おいしい3

表面をカリっと香ばしく焼き上げた甘しょっぱい味付け。

1本¥100ぐらい。

 

他所の地域の五平餅は、団子状に串刺しになってたり縦に長細かったりしますが…北原商店さんでは丸型の一個刺しが特徴です。

 

 

北川商店さんは、戦後から続く老舗の和菓子屋さん。

そして現在では、3代目の社長がお店を継いでいます。

6社長五平餅青森売ってる場所
北川社長

 

北川商店は、和菓子屋さんだから五平餅以外にも商品メニューがあって…こんなにうまそうなお団子も作っています。

五平餅青森売ってる場所名店おいしい1
みつかけ団子

 


<スポンサーリンク>

ごへい餅?五平餅?

マニアックな人たちは「北川商店のごへい餅は五平餅じゃない」 なんていう人もいます。

 

細かい話をすると、五平餅の読み方は「ごへえもち」なんですって。

厳密の話では。

 

でも、青森県・北川商店の五平餅は「ごへい餅」と書いてありますよね?

ごへい」と「ごへえ」を一緒にしたら「語弊」が生じる…とのこと。

(←「ごへい餅」の定番ネタ)

 

確かに北川商店の五平餅は、中部地方の五平餅とちょっと様子が違います。

 

「半分青い」で豊川悦司が美味そうに食べた「五平餅」の店はここだ!3

 

でもまあ、ちょっとの違いがあったとしても…北川商店の五平餅は、だんごでもないし、きりたんぽでもない。

どっちかって言うと、やっぱ五平餅だと思うんですよね。

 

いいじゃないですか、ちょっとぐらい違ったって・・・

 

本家から遠く離れた青森の地で、独自進化を遂げた五平餅。

それが、北川商店の五平餅。

 

青森県に行った際には、北川商店の五平餅を見つけたら是非一個食ってみてください。

北川商店ではなくても、道の駅とかお土産屋さんにもあるかもしれませんから。


<スポンサーリンク>