こんにちは太田空です。

今日は「チャーシューの温め方」についてお送りします。

 

チャーシュー11

 

チャーシューは、スライスして切り出せばそのまま食べれます。

 

でも、冷たいチャーシューを少し温めてあげると・・・

脂の風味とか肉の食感が良くなって、もっと美味しくなりますよね。

 

ただ、そのためには温め加減とか 温める方法が大事になってきます。

そこで今回は、チャーシューがちょっと美味しくなる温め方についてまとめてみました。

 

電子レンジで温めても良いのか?

電子レンジ11

 

チャーシュー温めるには、電子レンジで温めるの手っ取り早いです。

でも温めすぎると、肉が固くなったり脂の美味しい所が流れ出してしまう。

 

なので、思いっきりに熱くしないで「ちょっとぬるいかな~」くらいが良いと思います。

 

電子レンジでチャーシュー温める時は、触って熱いくらいだと温めすぎかも?

チャーシュー独特の歯ごたえが、ゆるくなっちゃうんです。


<スポンサーリンク>

スライスしてから温めるのか?それとも塊のまま?

チャーシュー13

 

電子レンジで温めるときは、チャーシューをスライスしてから温めた方が美味しくなります

その方が均一に温まるから。

 

塊だと部分的に、熱ムラができますよね?

その状態で全体的温めようとすると、所々熱くなりすぎて固いところができちゃいます。

 

それだったら、むしろチンする時間が短い方が良いかも。

熱で固くなったチャーシューよりも、ぬるいチャーシューの方が全然美味しいです。

フライパンと湯煎は?

フライパン11

 

スライスしたチャーシューは、フライパンを使って美味しく温めることができます。

フライパンだと、チャーシュー一枚一枚の温度調整がしやすい。

 

手作業で加熱してるので、チャーシューが焦げる手前の豚肉の旨さが蘇った温度に合わせることができます。

で、チャーシューが美味しい温度になったら、箸で拾ってお皿にあげる。

 

電子レンジで温めると、チャーシュー一枚一枚の面倒なんて見てられませんよね(;^ω^)

 

あと、のチャーシューを温めるなら湯煎がおすすめ。

チャーシューをビニール袋に入れて、湯煎にかける。

 

そうすると、穏やかな感じに温まり、チャーシューに封じ込めた豚肉のウマさを逃しません

ただ、長時間高温にさらすとチャーシューが縮むので、ほどほどに。

 

チャーシューは、時間と温度のちょうど良いところで味を仕上げているので、 必要以上に加熱すると風味が変わっちゃいます。

 

オーブンで温める場合は、しわしわのアルミホイルに包んで5分くらい焼きます。

ロースト系のチャーシューだったら、こっちの方が香ばしさが出て良いかも?


<スポンサーリンク>