こんにちは太田空です。

今日は冷や汁の献立についてお送りします。

 

冷や汁

 

夏の暑いシーズンに、さらっと美味しく食べれる冷汁。

(っていうか、春秋含めて3シーズン美味しいかも?)

 

冷汁って言うと、昔は「冷汁+ 漬物」みたいなシンプルな献立でした。

でも最近は、美食化が進んでもう少し品数が増えている感じ…

 

そこで今回は、今の時流に乗った冷汁の献立についてまとめてみました。 

 

野菜の副菜

野菜素揚げ11

 

  • 夏野菜の素揚げ
  • かぼちゃの煮物
  • 麻婆茄子

 

冷汁は、夏に人気の出るメニュー。

なので、 夏野菜のおかずを入れると季節感の良い献立になります。

 

夏野菜の素揚げは、あっさりした冷汁の献立に、程よい食べごたえを与えてくれます。

肉のおかずはチョット重たい…て思う人にはオススメ。

 

かぼちゃの煮物は、冷汁献立の人気メニュー。

ぱっと見は地味なんですが、夏らしくてオツな組み合わせです。

(かぼちゃそのものは、一年中食べれますが)

 

麻婆茄子も夏っぽいメニューですよね。

 

子供に冷や汁を食わせる時は、麻婆茄子みたいなおかずっぽいメニューがあった方が良いと思います。

お子ちゃまは、冷汁を見ても「冷たい味噌汁」くらいにしか認識しれくれません(;^ω^)

 


<スポンサーリンク>

肉系のおかず

唐揚げ12

 

  • 鶏の唐揚げ
  • 天ぷら
  • 塩サバ
  • 餃子

 

冷汁のおかずで定番的に人気があるのが鶏の唐揚げとか天ぷらなどの揚げ物。

 

冷汁ってズルズル食べるので、サクッとした歯ごたえのあるおかずがあると、食べ合わせのバランスがいいんですね。 

 

塩サバも冷汁に合うおかず。

 

 冷汁って言うと、焼いたアジとかサバのほぐし身が入っているイメージがありますが、地域によって魚を入れないバージョンもあります。

 

そういう冷汁だったら、焼き魚は別のおかずとして食べる。

魚の種類は「塩サバ」はもちろん「アジ」とか「鮭」でも全然OK。

 

餃子と冷汁の組み合わせは、僕の個人的なオススメ。

ちょっと脂っこい餃子とサッパリした冷汁をかわりばんこに食べると、お互いの味を引き立てるんです。

 

餃子は「焼き餃子」か「揚げ餃子」みたいな香ばしいやつがいいですね。

 

麺類は?

そうめん

 

  • そうめん
  • うどん
  • そば
  • ラーメン

 

一般的に、冷汁って「冷たい味噌汁+ご飯」みたいなイメージですよね。

でも、ご飯の代わりに麺類を入れても美味しいです

 

そうめんとかうどんとかそばなど。 

各種、いろんなお店でも提供されています。 

 

僕の友達で埼玉県出身の奴がいるんですが、そいつは夏のロックフェスで「冷汁そうめん」を販売して、若干ウハウハになりました。 

 

冷汁ラーメンも冷や汁麺の一種なんですが…普通の冷汁に中華麺を入れるのとはチョット違うかも?

 自宅で冷汁に冷やしラーメンの麺を普通にいれたら、イマイチ美味しくなかった 。

 

たぶん、お店で出している冷汁ラーメンは、冷汁ラーメン専用の味付けになっているんだと思います。 

 

ざるラーメンの付け合わせは?簡単な献立と美味しいおかず


<スポンサーリンク>